生ゴミ処理機はバイオ式ゼロボックス

テレビでもゼロボックスが紹介されています。

生ごみ処理機ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)とは?

わずかな時間、わずかな電気代ですばやく生ごみを分解!

生ごみ

バイオ式生ごみ処理機「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」は、微生物の力で生ごみをきれいに分解してくれる生ごみ処理機。

炊事で出た生ごみをご家庭で処理できますから、生ごみの臭いやごみ出しの労力から開放されます。


もう、ごみの回収日まで臭い生ごみを保管する必要も、ごみ置き場まで重い生ごみを運ぶ必要も、雨の日のごみ出しで嫌な思いをすることもありません!


微生物とともに快適なエコライフを楽しみましょう!


生ごみはご家庭で処理する時代です

生ごみ

私たちはごみを捨てることにほとんど罪悪感も、費用負担も感じませんし、むしろごみを捨てて【快適感】を感じる人も多いはずです。ところが、ごみは自治体が回収し、運搬し、ごみ焼却場で燃やされ、あるいは埋め立てられています。


生ごみは有機物ですから、燃やす必要も埋め立てる必要もありません。自然界では有機物は小さな虫や微生物が分解し、堆肥となって植物を育てる循環が行われています。


「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」は自然の微生物の力で生ごみを分解してくれます。

大きな投入口に生ごみをポイっと放り込むだけ

生ごみ

「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」の処理量は1日800g。三角コーナー1杯分の生ごみを処理できます。「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」は微生物と電気の力で完全にほうったらかしで生ごみを分解処理できますから、あなたがすることは「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」に生ごみを入れるだけ。生ごみを切り返したり、残渣(ざんさ)物を取り出す必要もありません。


独自のバイオ(微生物)の力で分解率99.8%

生ごみ

「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」の最大の特徴は、生ごみを分解する微生物。独自の配合で1グラムの中に8億個もいる微生物の力で、なんと生ごみの分解率が99.8%!


微生物は生ごみを二酸化炭素と水分に分解してしまうため、生ごみを何日投入し続けても、何も残らないのです。


生ごみ処理機「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」を使い始めると、その分解力に驚くだけでなく、微生物がいとおしくなってくることでしょう。ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)というペットを飼っている気分にすらなります。



消費電力が小さい=電気代が安い=CO2排出量が少ない

生ごみ

「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」は微生物の力で生ごみを分解することを、電気の力で助ける生ごみ処理機です。バイオ材と生ごみを定期的に攪拌し、酸素を送り込むことで、微生物の活動を活発化させます。

ですから「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」が消費する電力量は1ヶ月でわずか10kWh。電気代にするとわずか200円です。

消費電力が小さいということは、電気代も安く、CO2排出量も少ないということです。

自治体の助成金でさらにお得に

生ごみ

ごみの量を減らす生ごみ処理機の購入に対して、数多くの自治体が購入助成金を出しています。助成金は生ごみ処理機価格の20%から100%に対して、上限2,000円から80,000円にもなります。

ちょっとお高く思える「ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)」ですが、今助成金がもらえるこの機会にご購入を検討ください。


ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)

ゼロボックス(旧称:カッカノンノン)

 65,000円(税込68,250円)

助成金が交付される可能性があります。
詳しくは生ごみ処理機の購入補助金についてをご覧ください。

ただいまゼロボックス(旧称:カッカノンノン)お買い求めの皆様にプレゼントキャンペーン実施中!
詳しくは下のボタンをクリックしてください。




<<前エントリ | 次エントリ>>

 

dummy dummy dummy dummy